ダイエットの効果がすぐ現れる体の仕組みとは

  1. ダイエットHOME>
  2. ダイエットの効果がすぐ現れる体の仕組みとは

いくらダイエットをしても、結果が現れないようでは、どこまで行ってもモチベーションが上がりません。
そして、結局は途中で諦めてしまい、志半ばでリバウンドしてしまうという、悪循環を繰り返す事になるのです。
そうならないように、リバウンドしづらい、健康的な体作りをする必要があります。
ダイエットに成功しやすい人の体の仕組み、そしてその秘密は、筋肉の量にあります。
筋肉量が多いと、基礎代謝量がアップして、よほどの馬鹿食いをしない限りは、太らなくなるのです。
これを知らない若い人は、ただ食べないダイエットを繰り返して、体重を落とす事だけを考えたりするのです。
筋繊維の方が脂肪よりも重たいので、体重計だけを見ても、全く当てになりません。
きちんと定期的にエクササイズしている人は、筋肉もきちんと付いているので普通の人よりも体重が重たい傾向がありますが、それでも脂肪で重い人に比べると、断然スリムに見えるのです。
どちらの方が良いかは、言うまでもないでしょう。

なので、日々ジョギングなどを心掛けているのであればなおさら、その有酸素運動の効率を上げる為にも、筋力トレーニングを取り入れる様にしましょう。
尤も、激しい食事制限をしすぎると、良い事はありません。
プロのスポーツ選手などならとにかく、一般人がそこまでしてしても何も良い事は無いでしょう。
筋肉が著しく落ちてしまうし、結果として代謝量が落ち、太りやすい体質になってしまいます。
あらゆる本やテレビ番組では、有酸素運動こそがダイエットの秘訣だなどと報道していますが、私から言わせれば、それは大きな間違いです。
もちろん、ジョギングしたりエアロバイクをこいだりして、エクササイズに励む事はとても良い事です。
しかし、それだけでは一向に基礎代謝量を上げる為の筋肉が、身に付かないのです。
なので、最初に2、30分程度、有酸素運動をしたら、体を落ち着けた後で筋力トレーニングもやる様にしましょう。
ダイエットしやすくなる体の作り方を知っていれば、結果が出るのもとても早く、かなり楽しい毎日を過ごす事が出来ます。